加藤塾は何をする集団なのですか?今までにどんなことをやっていたのですか?

「全国訪問歯科研究会」といいます。元々は20年ほど前に加藤武彦先生の講演を受講した先生方が、もっと加藤先生から義歯について学ぼうとして始まった集まりです。その後加藤先生は、「義歯が出来るようになったら外へ出て(訪問に)行きなさい。他職種との連携をしなさい。」と訪問診療に関わる話が中心になってきました。核となる人達を日本全国に育成するため、近年では 2010年茨城県つくば市・2011年横浜市・2012年函館市・2013年浜松市などと、地方の塾生が開催者(大会長)となって場所を変えながら毎年1回開催しています。

Back To Top

加藤武彦先生が塾長ということですが、講師はどのような先生がいるのでしょうか?

毎年、開催者が特別講演講師を依頼し、後は加藤塾に参加するメンバーが発表します。2012年特別講演は竹内孝仁先生でした。

Back To Top

加藤塾のメンバーの中にはどんな人たちがいるのですか?

歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・医師・看護師・言語聴覚士・管理栄養士・理学療法士・作業療法士など介護・看護に関わる方たちが居ます。

Back To Top

会費はどのくらいかかりますか?

年会費は徴収しません。1年に1回(2日間)開催される場所で、宿泊を含む参加費・懇親会費・2次会などの為に必要な費用を集めます。

Back To Top

参加資格はありますか?

参加資格はありません。

これまでも、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士だけに留まらず、看護師、言語療法士、理学療法士、作業療法士、管理栄養士、社会福祉士、ケアマネージャーなど参加者の職種は多岐にわたっています。

Back To Top

参加方法は?

2016年開催の岡山大会事務局と協議中でございます。今しばらくお待ち下さい。

Back To Top